お知らせ

インフルエンザ予防接種の開始について(改訂)

今シーズンのインフルエンザワクチンのWebでの予約を10月1日から開始します

接種のスタートは、10月23日からです

スタートを16日から23日に変更させていただきます。

本シーズンは、ワクチンの流通が減少しており、定量確保が困難な状況がありえます。

インフルエンザワクチンの料金につきましては、流通状況等に応じて、年度ごとに変動する可能性があります

ご家族全員でワクチン接種して、インフルエンザを予防しましょう。

 

インフルエンザワクチンの接種回数に関して、当クリニックの考え方についてお答えします。私の立場としては、現時点での、日本小児科学会および厚生労働省の見解およびワクチンの添付文書に準じて、スタンダードな考え方でやっております。

以下に記載します。

インフルエンザワクチンの接種量及び接種回数

(1) 6カ月以上3歳未満の方:1回0.25mL   2回接種

(2) 3歳以上13歳未満の方: 1回0.5mL    2回接種

(3) 13歳以上の方 :1回0.5mL      1回接種

・毎年12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましい

・予防効果が期待できるのは、接種を完了した2週後から5か月程度まで 

(2回接種の場合には、2回目が終了した2週間後から5ヶ月程度まで)

・毎年インフルエンザワクチンの接種を受けた方がよい

ちなみに、厚生労働省は9月15日付の都道府県向け通知で、同ワクチン添付文書上の「1回接種」対象年齢が13歳以上(原則)であることに加え、WHO(世界保健機関)による「9歳以上の小児および健康成人に対しては“1回注射”が適切」との見解を紹介しています。