クリニック開院 一周年に際して

早いもので、昨年(2016)の10月3日に『みずしま小児クリニック』を開院させていただき、一年を経過しました。

来院してくださった患者様(生後2週間のベビーからご家族の82歳の方まで)の総数は約5500人になります。

地域連携基幹病院として、京都市立病院、第二日赤病院、民医連中央病院、京都桂病院にご協力いただき、また疾患によっては、第一日赤病院、京都府立医科大学付属病院、京都大学付属病院との連携を図り、小児主体とはいえ、老若男女を問わずご家族様の、精査や入院の必要な患者様にも不都合のない医療状況を提供していただきました。この場を借りて深謝いたします。

小さなクリニックですが、お子様とご家族一体のファミリーユニットで皆様のお役に立てるよう、これからもスタッフ一同、全力投球を続けていく所存です。

どうか、よろしくお願い申し上げます。

2017.10.03. みずしま小児クリニック

院長 水嶋康浩 拝

インフルエンザ予防接種の開始について(改訂)

今シーズンのインフルエンザワクチンのWebでの予約を10月1日から開始します

接種のスタートは、10月23日からです

スタートを16日から23日に変更させていただきます。

本シーズンは、ワクチンの流通が減少しており、定量確保が困難な状況がありえます。

インフルエンザワクチンの料金につきましては、流通状況等に応じて、年度ごとに変動する可能性があります

ご家族全員でワクチン接種して、インフルエンザを予防しましょう。

 

インフルエンザワクチンの接種回数に関して、当クリニックの考え方についてお答えします。私の立場としては、現時点での、日本小児科学会および厚生労働省の見解およびワクチンの添付文書に準じて、スタンダードな考え方でやっております。

以下に記載します。

インフルエンザワクチンの接種量及び接種回数

(1) 6カ月以上3歳未満の方:1回0.25mL   2回接種

(2) 3歳以上13歳未満の方: 1回0.5mL    2回接種

(3) 13歳以上の方 :1回0.5mL      1回接種

・毎年12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましい

・予防効果が期待できるのは、接種を完了した2週後から5か月程度まで 

(2回接種の場合には、2回目が終了した2週間後から5ヶ月程度まで)

・毎年インフルエンザワクチンの接種を受けた方がよい

ちなみに、厚生労働省は9月15日付の都道府県向け通知で、同ワクチン添付文書上の「1回接種」対象年齢が13歳以上(原則)であることに加え、WHO(世界保健機関)による「9歳以上の小児および健康成人に対しては“1回注射”が適切」との見解を紹介しています。

受付(医療事務職) 求人募集中

電子カルテ経験のある医療事務職の方を募集しています。

火曜日:午後診

水曜日:午後診

以上の、いずれかの時間帯が可能な方。

各診察時間帯2名以上の体制を維持していく予定です。

ご都合に合わせて、時間数の増減のご希望に応じます。

ご興味のある方は、まずは当クリニックへご連絡下さい。

 

BCG予防接種を始めています

BCGの予防接種を当クリニックでも開始しています。

原則、木曜日の午前診(ワクチン外来)に行います。

ご希望・ご相談の方は、電話連絡またはWEBからのご予約をお願いします。

予防接種の予約と日時について

当クリニックでは、木曜日の午前診は、予防接種をメインにしておりますが、一般診察を希望される患者様に関しても、受診希望が多いため、可能な限り対応させていただいております。曜日午前診での一般診察希望の場合には、電話でご確認の上、来院されますよう、お願いいたします。

また、逆に、予防接種をご希望の方で、木曜日の午前診の時間帯が予約来院困難な場合には、他の曜日の一般診療の時間帯でも接種可能です。特に、火曜日の午前診、水曜日の午前診の時間帯、開院以来の傾向を見ますと、比較的混雑しておりませんので、ご利用しやすいようです。

ホームページを公開しました

開院にあたりホームページを公開しました。

10月3日より京都市中京区西ノ京南大炊御門町8
阪急OASIS 円町店 2F(JR円町駅から徒歩3分)に開院いたします。

専門分野は小児科です。どうぞ宜しくお願いいたします。